キーパッドの調子が悪い HP 32sII の修理
細田 隆之
Feb. 13. 2008

English English edition is here.
hp32sII を開ける 電池を外し、缶入りエアダスターでプリント基板上やプロセッサ近辺の埃を吹き飛ばす プロセッサの載っているプリント基板を外して電子パーツクリーナ(KURE 3012)で清掃する LCD のラバー(ゼブラ)コネクタとメンブレンキーパッドのフィルムコネクタ端子を慎重に清掃する
hp32sII-0.jpg hp32sII-1.jpg hp32sII-2.jpg hp32sII-3.jpg
フィルムコネクタ下のキーパッドの不調の元凶である、変形したフォームラバーを露にする 幅2.5mm で厚み0.8mm の発泡ポリエチレン両面テープ(3M 4462W) を取り付ける フィルムコネクタをセットし、もう一度埃を吹き飛ばしてからPCBを再び取り付ける 接点不良の元になる静電気で集まる埃を減らすためにアルミ箔テープをカバー裏に張り付ける
hp32sII-4.jpg hp32sII-5.jpg hp32sII-6.jpg hp32sII-7.jpg

電源電流 (Ta=26°C) : Vbattery=4.51V(SR44×3), Irun≈1.0mA, Iidle≈120μA, ISB<0.1μA
Vbattery < 3.5V の時に低電圧インジケータが点灯します。
LCD がほとんど読めない 1.9V にまで Vbattery が低下した時でさえ自己診断テスト([C]+[1/χ])は誤り無しで走り続けました。

SEE ALSO
HP 42S memory upgrade and overclock
APPENDIX - Program library
EXTERNAL LINKS
Inside the HP-32SII

www.finetune.co.jp [Mail] Copyright (c) HOSODA Takayuki. All rights reserved.
Powered by
 Finetune