Windows XP SP2 のリモートデスクトップの機能拡張

1. \WINDOWS\system32\termsrv.dll を交換。セーフモードで作業の事。
MD5 (termsrv.dll) = a77219a971029dc2fb683e8513713803 ファイルバージョン 5.1.2600.2055 (xpsp_sp2_beta1.031215-1745)
2. レジストリを修正。
Windows Registry Editor Version 5.00 [HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Winlogon] "AllowMultipleTSSessions"=dword:00000001 [HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Terminal Server\Licensing Core] "EnableConcurrentSessions"=dword:00000001
3. gpedit.msc を起動してグローバルポリシーを変更。
ローカルコンピュータポリシー  コンピュータの構成   管理用テンプレート    Windowsコンポーネント     ターミナルサービス      ターミナルサービスユーザーに対してリモートセッションを1つに制限       ◎有効      接続数を制限する       ◎有効 最大接続数数 [ 999999 ]      色の解像度を制限する       ◎有効 色の解像度  [ クライアント互換 ]
[補足]
・X クライアントのリモートデスクトップクライアント rdesktop からフルカラーで使うには
rdesktop -a 24 hostname

Copyright (c) HOSODA Takayuki. All rights reserved.